更地・底地・借地の違いとは?!詳しく解説いたします。

更地・底地・借地!聞いたことはあるが同じ土地なのでは?と思っている方へ。
各々の違いを分かりやすく解説いたします。

【更地とは?】

更地とは建物も何も建っていない土地を意味し、更地を所有している事で家を建てたり、ガレージや駐車場にしたりと所有者が自由に土地を活用することができます。
※建築を行う際は建築基準法に基づく許可が必要です。

【底地とは?】

底地とは先ほどの更地といったい何が違うのか。
底地も土地を意味するのですが、土地の上に建物が建っている状態の事を言い、さらにその建物は第三者が所有している建物になります。
底地とは土地を第三者に貸すことで第三者から何らかの収益を得ることができです。
但し、第三者に土地を貸しているので自ら土地を活用することはできません。
底地を所有している事を地主とも言います。

底地=土地を第三者に貸すことで何らかの利益を得ることができる土地。

【借地とは?】

借地とは、第三者から土地を借りて自ら建物等を建築したり土地の利用ができる権利があります。
土地を所有しているわけではなく、あくまでも借りている土地なので、土地の所有者に賃料(地代)や建築や工事を行う承諾料を支払わないといけません。
つまり先ほど説明しました【底地】と【借地】は物理的に同じ土地であり、土地を貸している地主から見れば底地、土地を借りている借地人から見れば借地。ということです。

【底地と借地の関係性?!】

土地を第三者から借りる借地。
土地を第三者に貸している底地。お互い賃貸借関係になり、借地人は地主に賃料を支払うことで土地を使用する権利が得られます。
地主は土地を使用できる権利がありませんが何らかの収益を受け取れる権利があり、借地人が建物の工事等を行う際には、地主が承諾料を受け取れる権利もあります。

【まとめ】

・更地:建物も建っていない土地で自ら使用できる土地。
・底地:他人に土地を貸し何らかの収益を得れるが自ら土地を使用できない。
・借地:他人の土地を借りて賃料を支払うことで自ら土地を使用できる。
・底地と借地は貸借が行われている同じ土地になります。



最後までご精読頂き有難うございました。
底地買取センターの買取実績やお客様の声を更新しております。
下記内容をクリックし、ご覧ください。
↓↓↓↓↓
買取実績・喜びの声 底地買取センター

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00