底地所有のメリット・デメリット!

資産として底地を相続する!?相続された側はどうなるのか。
大損にならないように底地の相続で気をつけるポイントを解説いたします!

底地を所有するメリットとは。

底地を所有することで、地代として一定の賃料を借地人より受け取る事ができますが、一定の賃料といっても建物は借地人の所有する建物ですので、低収益とされていることが多いです。
但し、更地と比較してみると固定資産税が軽減されます。

底地を所有するデメリットとは。

底地を所有されていても土地を自由に使用することはできません。
また、土地を使用したく借地人に返還をお願いしても、正当な理由がないと賃貸借解除は難しいです。
土地返還から生じる権利トラブルにより関係性が悪化することが多い。
更に流動性が低く、低収益。
こういった点がデメリットとされています。

底地とは。

底地とは、土地を貸すことで借地人から賃料を頂く権利で、貸した土地は自ら使用する事ができず、借地人が建物を所有し使用することができます。

詳しくは【底地買取センター】をクリック!
最後までご精読ありがとうございました。

底地買取センターの買取実績やお客様の声を更新しております。
下記内容をクリックし、ご覧ください。
↓↓↓↓↓
買取実績・喜びの声

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00