底地を相続?!メリット・デメリットとは!

底地を相続する際に気をつけないといけない注意点とは!
そのメリット・デメリットとはなんでしょうか?!

【底地とは】

底地とは?土地と何が違うのか。
底地の相続を行う前に底地とは何か見ておきましょう。
詳細は下記をクリック
↓↓↓↓↓↓
底地とは

底地を相続するメリット

底地を相続する場合は、土地を借りている借地人から地代として賃料を受け取ることができます。
賃料が高額なケースは少ないですが一定の賃料(地代)が入ります。
また底地を相続によって取得し継続して借地人に賃貸する場合には、一定の面積までは「小規模宅地等の特例」を適用することで相続税の評価を減らすことができ節税につながります。

底地を相続するデメリット

権利関係が複雑である底地は、相続後に対処法を間違えると権利トラブルが起こりかねないので、様々な注意点を見ていきましょう。

相続人は単独?複数?

複数人で底地を相続する場合、共有名義で登記し所有する方法もありますが、権利関係がより複雑になってしまう可能性があります。

・相続人同士で収益を取り合ってしまう。
・借地人との関係性が上手く作れずトラブルになる。
・底地の売却時に共有名義人の話しがまとまらない。

上記のようにトラブルの原因を少しでも抑えるために底地の場合は単独名義で相続を承認することを推奨します。

底地を売却するには?

底地は土地を所有しているといっても土地を自由に活用することができません。自由に使えない土地を購入する人は少ないと言えます。
権利を見ても借地人の権利が強いと判断されることもあり、売却したくても処分に困る不動産とも言えます。
地主になることは全体的に見てもメリットよりデメリットの方が大きいのは確かです。
そうなれば相続を放棄し手放す手段もありますが、相続を承認・破棄する前に底地の買取を専門とする業者へ相談してみることをお勧めいたします。

【まとめ】

借地人から一定の賃料(地代)が入ります。
しかし様々なトラブルが発生したり、処分に困る事がわかりましたね。
権利関係が悪化する前に専門家に相談することが必須です。



最後までご精読頂き有難うございました。
底地買取センターの買取実績やお客様の声を更新しております。
下記内容をクリックし、ご覧ください。
↓↓↓↓↓
買取実績・喜びの声

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00