底地とは?借地と何が違う?!

相続や不動産投資などを行う際に、よく底地や借地と耳にすることはあるが底地とはどんな土地なのか?借地と何が違うのか。
詳しく見ていきましょう。

底地とは。

底地(そこち)とは土地を他者に貸して、貸している方から賃料(地代)を頂くことをいいます。
地主って言葉を聞いたことありますよね、いわゆる土地を貸している方が地主と呼ばれていて、そして土地を借りて借地権を持つ方を借地人(しゃくちにん)といいます。
つまり底地と借地は同じ土地になります。

貸した土地は今後どうなるのか。

土地を貸している期間は借地人から地代を頂くことができます。
但し、土地を貸しているので自分の土地であっても自ら使用することはできません。
自ら土地を使用したい際は借地人と契約を解除し土地を返還してもらう必要があるため、底地にはメリット・デメリットがあります。

詳しくは【底地のメリット・デメリット】をご覧ください。

底地の売買での注意点とは。

底地のメリット・デメリットをご覧いただいたらわかるように、底地はなかなか返してもらうことができません。
そのため底地の売却は非常に難しいでしょう。
また収益性も低く地代を上げることも難しいです。
もしお悩みの底地や借地がございましたら、底地・借地に特化している
底地買取センター】へ是非ご相談ください。

【まとめ】

・底地とは借地権が設定されている土地をいいます。
・借地人から賃貸収入が入る。
・土地を自由に利用することができない。
・建替えや増築には地主の承諾がいる。
・底地は担保にして金融機関からお金を借りるのは難しい。
・底地は売却しにくく売価もあまり期待はできない。

売却を考えているなら【底地を売却する大事なポイント】をご覧ください。

最後までご精読頂き有難うございました。

買取実績・喜びの声

底地買取センターの買取実績・お客様の声を更新しております。

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00