相続放棄とは!資産や負債の相続?!

相続放棄とは?!
知らないと損をしてしまうかも!相続放棄をするために気を付けるポイントとは?

相続放棄とは?

相続放棄とは、家族や親族等からの相続を相続人が相続の権利放棄(辞退)することを言います。
相続を破棄すると亡くなった方から資産を一切受け取ることはできません。
まず家族や親族の資産や現状を理解したうえで、相続人として相続を承認するのか、相続を破棄するのか、しっかり考える必要があります。

相続破棄をする訳とは?

相続と聞くと、不動産や現金等の様々な資産が相続されると思われる方もいますが、そうではありません。
亡くなった方の借金や滞納金、さらに金融機関への支払い途中のローンまでも相続人に返済を求めてくることになり、相続を承認することで、無関係だった借金の返済義務が生じてしまうことになります。
このような場合に相続破棄を行います。

相続放棄のポイント!

相続放棄を有効に進めるにあたり放棄を行うには、相続放棄を家庭裁判所へ申述する必要があり、相続放棄の手続きを行うにあたり気をつけないといけないポイントがあります。

・相続人は相続が開始されていることを知ってから3ヵ月を経過してしまうと、相続を承認したことになります。

・相続放棄をすると、放棄した方を除いて、別の相続人が相続を受けることになります。

・相続放棄とは資産も負債も全ての相続を放棄することになります。

承認するべき?破棄するべき?

相続を承認するべきか、破棄するべきか、3ヵ月といった期間の中で誤った判断をしてしまうと大損に繋がる場合があります。
相続を承認すれば返済義務が生じてしまう不動産等の資産もある。
このような際は一度、不動産等の資産価値を調べる必要がありますので、3ヶ月間の中で正しい判断をするために専門家への相談は必須です。
不動産の相続が発生し資産価値の査定をお求めの方は、是非【底地買取センター】へご相談下さいませ。

【まとめ】

・相続放棄すると他の相続人が相続する。
・相続開始を知ってから3ヶ月を経過で承認したことになる
・相続放棄は資産も負債も全て放棄することになる。
・期間が決まっているので専門家へお早めに相談する必要がある。


最後までご精読頂き有難うございました。
底地買取センターの買取実績やお客様の声を更新しております。
下記内容をクリックし、ご覧ください。
↓↓↓↓↓
買取実績・喜びの声

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00