築古アパートを一棟売却!ポイントと注意点とは。

アパート一棟の売却で気をつけるポイントとは。
売却の時期や買取る業者で金額は大きく変わっていきますので注意点をおさえておきましょう。

アパート一棟を売却の注意点!

【価値が下がる前に売るのが鉄則】
アパート一棟となると規模も大きいので、今売却するべきかと悩んでしまうのも致し方ありません。
しかし、建物の価値は時間と共に下がっていきます。
例えば新築マンションの家賃は高いが、築古マンションの家賃は安いイメージはありませんか。
それと同じで売却を考えているが時期を待つというのは価値が下がっていくだけになります。
かといって売り急ぐと本当の不動産価値を引き出して売却できているのかと不安になることもあるでしょう。
また、売却に向けて空き部屋を修繕し募集をかける等はかえって費用だけが重なり、売価は変わらないといったケースもあります。

築が古いアパートは売却できるの?!

建物は時間と共に劣化し築が古くなると価値が下がるのは事実です。
但し、築が古いからといって価値がないわけではありません。

・築古アパート。
・入居率が低い。
・低賃料で低収益。
・修繕に手が負えない。

そのような不動産でも価値をしっかり引き出すための専門知識があるからこそ、底地買取センターは最大限に価値を引き出し査定させて頂くことができます。

空き部屋が多くても売却はできるのか?

空き部屋が多ければそれだけ賃料収入は下がり、入居者を募集するは部屋の修繕が必要になる。
しかし賃料収入が低くければ修繕費を出費できず、空き部屋を放置することになります。
このような空き部屋が目立つアパートも当然売却できますが、一般の不動産では賃料収入が低い事から価格を安く言われる場合がありますので、築古のアパートやハイツを専門に取り扱う業者に相談することをおすすめ致します。
・新築戸建ての販売業者。・マンション販売業者。・築古建物買取り業者。
上記のように、不動産と言ってもそれぞれに特化した専門業者がございますので、築古建物の買取実績がある会社へ相談してみましょう。

なぜ築が古いと売却が難しいのか?!

築古の収益物件に訪れる悪循環?!
築が古いと修繕が必要になります。
劣化が進み入居率も低くなれば賃料も低く設定せざるをえなくなります。
低収益のアパートとなると銀行の評価も付きにくく、いざ買いたいと思った方が現れても融資が通らなく断念するといったケースも少なくありません。
そしてアパートを購入し新たに土地を活用したく思っても、入居者が居てれば土地活用はできません。
土地活用もできず、賃料収入は低い、さらに入居者がいるため修繕費はかかる。
そういったデメリット部分が多くあるために、築の古いアパートは売却が難しいとされています。

立退きをして売却するのは?

賃料収入が低ければ立退きを行い、土地活用ができる状態で売却すればいいのでは?と思われる方もおられますが、一番リスクがあると言っていいでしょう。
まず、立退きを行うにあたり全入居者に対して費用がかかります。
売却前に費用がかかるうえに入居者がスムーズに明渡しできるかも定かではありません。
また立退きはトラブルに発展してしまうことがほとんどです。
立退き交渉の中で、入所者とトラブルになり話しが進まなければ土地活用もできず、他の明渡しをして頂いた入居者が戻ってくるわけでもありませんので、自ら立退き費用を出費し賃料収入を下げてしまった結果だけが残ります。
築古アパート等の売却を考える際は、必ず現状のまま相談しましょう。

底地買取センターはなぜ買取に強い!?

【築古のアパートやハイツ:低収益の不動産】
【底地や借地の権利付き不動産】
上記のような権利が交じり合う不動産の取引は一般の方はもちろん、不動産業者でさえ悩まされることがあります。
そのような不動産を専門に取り扱い業界歴15年の信用と実績がある底地買取センターだからこそ、不動産買取に自信があります。
些細なことでもまずは【底地買取センター】へご相談下さいませ。

最後までご精読ありがとうございました

底地買取センターの買取実績やお客様の声を更新しております。
下記内容をクリックし、ご覧ください。
↓↓↓↓↓
買取実績・喜びの声

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00