賃貸で家を借りていたら立退きの話が!明渡しの注意点を解説。

賃貸で借りている家だとしても立退きの話しがくると驚きますよね。
そんな時、どう対応し、誰に相談すればいいのかわからない。
まずは焦らず落ち着いて、家主と話し合いましょう。
この記事を読んで頂き、少しでも不安が解消できればと思います。
賃貸の明け渡しはしっかりご理解した上で進める事が大事です。

明渡しの内容で注意する点とは。

立退きと聞けば誰もが驚く出来事だと思います。
まず借りている部屋を返さないといけない事に抵抗が生まれるのも致し方ありません。
しかし老朽化が進み劣化した建物に危険は付き物で劣化からくる柱の腐敗や、少しの地震にも耐えれない強度性と問題は様々。
古く脆い建物を新たに頑丈な建物に建替えて、街の開発に前進することは大事な事だと思います。 ただし、明渡しをするにしても引越しには費用が掛かるのも事実で、いくら借りている部屋としても費用を負担するのは大変ですよね。
そこで家主と話し合う中で移転にかかる費用は家主にも協力して頂くようにしっかり訴えましょう。

移転費用をどこまで請求すればいいのか。

移転にかかる費用に決まった金額は定められていません。
だからこそトラブルや問題が多々あり、そういった数々の入居者からの相談も
我々【底地買取センター】は解決に導いて参りました。
代表的なトラブルとして、よくあるのが入居者の高額請求または家主の無償立退き。
老朽化が進すみ賃貸維持が難しい建物で明渡しの話がきた際に、あわよくばと高額請求をしてしまうと家主側も高額な費用は負担できず建物劣化だけが進み、家主間でトラブルが生まれ、最悪の場合は裁判にも発展し長期にかけてお金と時間を消費し続ける事になります。
また、家主側もあわよくばと無償で立退き依頼をしてきても、そんな理不尽な話しはありませんよね。
転居にかかる正当な費用を家主と話し合う中で定めていきましょう。

正当な費用を頂くための注意点とは。

移転に必要とする費用額は、転居先へ住むための初期費用や引越し業者への依頼費用などと、一般的な引っ越し費用をイメージして頂けたらわかりやすいかと思います。
ただし、注意点としましては賃貸借契約の違反をしていないに限ります。
賃料遅延(家賃支払いが滞っている)やペット禁止にも関わらず無断でペットを飼育している。
見落としがちなのが単身専用なのに同居している等があれば、契約違反による賃貸借契約解除となり、家主から移転費用は発生しません。
正当な移転費用を設けて頂いた上で明渡しができるように、賃貸借契約書の規定は厳守する必要があるので注意しましょう。

【まとめ】

立退きの話しが舞い込んできた場合は、焦らずにゆっくり家主の話を聞き理解することが大事です。
老朽化物件に住み続けるの双方にリスクが伴いますので、転居にかかる費用をしっかり話し合い家主側にも負担をお願いしましょう。

最後までご精読ありがとうございました。

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00