立退き費用はどれくらい頂けるのか?トラブルを防ぐ方法を解説!

老朽化が進んでいるマンションやアパートに入居していたら突然と通知される立退き!
そこで引越しに対する費用はどちらが負担するのか?
トラブルを防ぐための方法を解説致します。

【立退きの理由とは?】

築が古い建物は賃料が安いので節約になると思っていても、近い将来に必ず訪れる経年劣化。
家主側は修繕費が重なる上に賃料は増額できない。
そうなると建物を取り壊さざるえなくなり立退きの話しが入居者に訪れます。

【引越し費用の負担】

立退きの話しが訪れた際に、引越しをするにも費用がかかりますが、負担はして頂けるのか心配になりますよね。
家主と入居者でトラブルを防ぐには、立ち退くために掛かる引っ越し費用は家主に負担していただく事が大前提と考えて良いでしょう。
しかし、入居者が引越し費用以外に高額な費用を請求すると家主も負担ができなくなり、トラブルに発展し裁判にまで進むケースがあります。
裁判になれば双方で時間と高額なお金が失われ良い結果には繋がりません。
トラブルを生まないように双方で誠意を持ちしっかり話し合いましょう。

【費用負担の金額とは?】

正当な費用とは?どれくらい負担していただけるのか。
立退き費用に関して相場や決められた金額はなく、現在住まれている状況で大きく変わります。
よく言われるのが家賃の6ヶ月~10ヶ月分。

・家賃4万円の場合、10ヶ月分の40万。
・家賃6万円の場合、8ヶ月分の48万。
・家賃8万円の場合、6ヶ月分の48万。

このように賃料に異なり変わることがあります。
家賃4万円の6ヶ月分だと24万円と少し引越しが難しく思いますよね。
家賃が低い場合は10ヶ月分と計算することがあります。
・引越し業社
・仲介手数料
・敷金礼金
・保証料
・火災保険料
・鍵交換代。
これらの引越しに必要とされる費用が家賃の6カ月~10カ月分とされていますので、家主には正当な費用として請求しても良いでしょう。
そこで家主が費用負担を拒んできたなら法的な専門家に相談してみましょう。

【まとめ】

立退きと聞くと難しそうに思え、トラブルになるのでは?と不安になったりもしますが、立退きに対してトラブルを防ぐのは簡単です。
たった2点だけ気をつければ穏便に解決できます。
1.立ち退き費用は家主の負担で行う。
2.引越しに掛かる正当な金額を請求する。
家主は入居者が実費負担しないように、しっかり費用を負担してあげる。
入居者は家主に必要費用とは別に高額を請求しない。
この2点を意識して歩み寄る話し合いをすればトラブルなく解決するでしょう。



最後までご精読頂き有難うございました。
底地買取センターの買取実績やお客様の声を更新しております。
下記内容をクリックし、ご覧ください。
↓↓↓↓↓
買取実績・喜びの声底地買取センター

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00