アパートや借家の入居者へ立退き交渉。トラブルを防ぐ方法を解説。

まず初めに、立退き交渉について何を話せば良いのかわからない。
立退き費用に予算があまりないのだが、費用はどれくらいかかるのか。
入居者の転居先はどうやって探すのか、期間はどのくらい設けるのか。


気になる問題は数知れずですが、底地買取センターがお答えします!

そもそも立退き交渉は何から話せばいいのか。

そもそも立退きには必ず何らかの理由があります。
契約上ペットは禁止なのにペットを買っているや、単身専用なのに同居しているなど契約違反による立退きもあれば、建物の老朽化から劣化が進み安全のための立退きもあり事由は様々です。
契約違反での立退きは契約のルールですので、しっかり守っていれば問題はありませんが、建物の老朽化は放っておくと劣化が悪化し小さい災害で崩れかねない状況にもなります。
このまま入居者に建物による劣化で一大事が起これば、家主に責任が全くないとは言えませんよね。
老朽化が進み修繕が必要、だが現状の収益状況では修繕できない。
そうなれば入居者の安全のためにも立退き交渉をし、新居へ向かう後押しをするのも家主の務めだと考えております。

立退きにはどれだけの費用がかかるの?

やはり家主が心配になることは立退き費用とはどれくらいかかるのかです。
例えば、家主が費用も出さずに立退きのお願いをしても入居者は引っ越しをする費用がなく明渡しができません。
また入居者が家主に費用300万円を要求しても家主はそんな大金は払えません。 そこで入居者に対して転居にかかる正当な費用を家主が負担し入居者が負担なく新居へ行ける事がトラブルを防ぐ大事な第一歩になります。
ただし、不動産というのは地域により家賃や転居にかかる費用が異なるのも事実なので、正当な費用を提示する為のリサーチを怠ると、それもまたトラブルを招く原因になります。

アパートや借家の立退きに関する費用や交渉に不安があるなど些細な悩みが御座いましたら、是非【底地買取センター】へ一度ご相談下さい。

明渡しの期間はどれくらい設ければいいのか。

もし明渡し期間を10日間や半月と定めたとしても、転居先がなければ引っ越しはできませんよね、
だけど入居者が転居先を見つけるまで待っていても時間だけが経ち老朽化が進む一方です。
先ほどもお伝えしましたように正当な転居費用を設けることで、入居者が率先し物件を探せば、2ヵ月(事例から基づき)程度で転居先を見つけるのは難しい事ではございません。
ただし、家主から明渡しのお願いをするからには転居先を探すバックアップも欠かさないことが大事です。
双方が歩み寄れる交渉と説明をし、最善な解決で終える。

それが業界歴15年【底地買取センター】なのです!!

【まとめ】

・【立退き】老朽化、契約違反、立退きには様々な事由がある。
・【費用】入居者の高額請求や、貸主の無償立退き等は、
 トラブルに発展し、裁判になるケースがある。
・【明渡し期間】賃貸借契約書上は半年間と定めてるのが一般的。

最後までご精読ありがとうございました。

底地・アパート買取キーワード辞典

Keywords

無料相談はこちらから

Contact

他社様が解決出来なかった問題も
私たちなら解決できます

0800-170-4071
月〜土曜 9:00〜18:00